メンテナンス

MOUNTAIN/TRAIL RUNNING

購入時のお手入れ

  • 使用する前に全体に防水スプレーを吹いておくと、汚れの付着を防ぎ、靴が長持ちします。

使用後のお手入れ

  • 1 手入れを始める前に、靴ひもをすべて外します。

  • 2 インソールを外し、靴の内側にたまった土や小石などを取り除きます。

  • 3 豚毛などのコシのあるブラシで、アッパー全体をブラッシングして汚れを落とします。

  • 4 ナイロンなど硬めのブラシで、ソールの泥汚れやはさまった小石などを落とします。

  • 5 全体に撥水スプレー(液)をかけます。ナイロン用、革用、兼用のものがございますので、ご使用の靴のアッパー素材に合わせたものをご使用ください。

  • 6 陰干しして十分に乾燥させます。その後、できるだけ風通しのよい場所に保管します。

ソールの張り替え (MOUNTAIN のみ)

  • ソールの角が丸くすり減ってきたら買い替え時期。下に記したモデルは、アッパーに問題がなければソールの貼り替えができます。購入店にお持ちいただき、ご依頼ください。

  • ソールの張り替えが可能なモデル

    G2SM/G5/スパンティーク/バツーラ2.0 GTX/ネパール キューブ GTX/ネパール エクストリーム/ネパール エボ GTX/トランゴ アルプ エボ GTX/カラコルム HC GTX/イエティ GTX JP/トランゴ アルプ GTX/トランゴ S エボ GTX/トランゴ キューブ GTX/トランゴ ガイド エボ GTX/トランゴタワーGTX/トランゴテックGTX/トランゴテックレザーGTX

  • ソールの張り替えには1カ月ほどかかります。モデルやパーツ在庫のタイミングによってはさらに期間を要する場合もあります。

  • 購入時とは異なるソールパターン、ミッドソールのカラー、デザインになる場合もありますので、あらかじめご了承ください。

CLIMBING

使用後のお手入れ

  • 1 ソールについた泥汚れをブラシで落とします。アッパーの汚れもブラシで落とします。クライミングシューズは水洗いをすると内部のパーツを傷めたり極度に縮んだりすることがあるので、丸洗いはおすすめできません。

  • 2 臭いが気になる場合は、内側に市販の消臭剤を吹いておくことで軽減できます。とくに気になる方は、クライミングソックスを使用することでも、臭いやぬめりを軽減することができます。

  • 3 風通しがよく、直射日光が当たらない場所で十分に乾燥させます。乾燥させることで、シューズの劣化を軽減でき、不快な臭いの発生も抑えることができます。保管も、袋などに入れず、風通しのよい場所が理想です。

  • 小さめのサイズの使用はシューズに負担がかかりアッパーなどが破損する場合があります。この場合は保証の対象にならない可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

  • ヒール上部に2本テープがあるモデルは、シューズの着脱の際にテープを左右に広げて使用すると、ヒール上部のアッパーが破損する場合がございます。テープは必ず真上に引くようにしてください。

  • お手入れに関しましては、以下の3点をご留意ください。

    1.基本的に洗わない物
    2.ブラシで汚れを落とし、陰干し
    3.靴に突っこむタイプの乾燥剤は効果あり