スポルティバ

製品情報
CLIMBING

SOLUTION WOMAN
ソリューション ウーマン [ 10J ]

WOMEN'S

¥21,400 (税別)

SOLUTION WOMAN

ホワイト×ピンク(WP)

女性用ハイパフォーマンスシューズの決定版 現代クライミングシューズのベンチマークとなった「ソリューション」を女性用にチューンしたモデル。一体成形のヒールカップやP3システムなどの機能はそのままに、女性用の足型を採用することで、足の細い女性にもフィットしやすくなりました。2014年リードワールドカップチャンピオン、キム・ジャイン使用モデル。

アッパー
スエードレザー+マイクロファイバー 
ライニング
パシフィック+ライクラ
ソール
ビブラムXSグリップ2 3.5mm
サイズ
32~43(ハーフサイズあり)
サイズ表
重さ(1/2ペア)
200g

ATHLETE VOICE

「どんな課題にもこの1足」 私にとってパーフェクトな靴です。コンペでも外岩でも常にソリューションで、6年近くそのスタイルは変わっていません。ヒールフックが得意な私にとって、フック後に自由に動けるこの構造は本当に頼もしいです。長時間履いていられる足型で、ベルクロで甲のフィット感を自由に変えられる点も気に入っています。

野口 啓代のぐち あきよ

中学生でB-Session年間チャンピオンに。2008年は念願のボルダリングワールドカップ優勝。その後も勝利を重ねて2009年には年間チャンピオンとなり、世界選手権でも個人総合優勝。常に世界の第一線で活躍する女性クライマー。

「コンペに向いている」 ユニセックスのSOLUTIONよりはちょっと柔らかいので、コンペとかで履いた時はハリボテなどにも乗りやすいですし、(ユニセックスの)SOLUTIONだと乗った時に面でやや乗りにくいと感じるところもあるので、やっぱりSOLUTION WOMANの方がコンペなどには向いているかなと思います。

清水 裕登しみず ひろと

大阪府出身。主な競技成績に、第16回、第17回JOC総合優勝、第28回LJC2位、2014年LWC海陽14位、2015年全日本クライミングユース選手権ボルダリング競技大会2位、2015年ノースフェースカップDivision1 2位、2015年アジアユース選手権プトラジャヤ リード優勝 ボルダー3位。

「小さなホールドでも抜群の安定感」 いちばんの魅力は、ダウントゥ形状でどんな小さなホールドでもしっかり乗ることのできる安定感とヒールが正確に決まる点です。これまで何度も助けられました。だからコンペなど勝負のときは常にソリューションです。すこし柔らかくなったという女性用モデルが私にとって最強の靴になるかもしれません。

小田 桃花おだ ももか

2010年、16歳のときにワールドカップ・ボルダリング部門に初めて出場し準優勝。世界的に注目を集める。2012年にリード部門で日本人女子として初優勝。クライミングワールドカップ2013年世界ランキング・リード部門3位、ボルダー部門7位。

TECHNOLOGY

  • P3 PERMANENT POWER PLATFORM

    P3 SYSTEM P3 システム

    通常よりもダウントゥの形状を長くキープできるシステム。常に最高のパフォーマンスを楽しめます。ハードに長期間使用した後でも最初の性能を落とすことなく、クライミングシューズのアーチのシェイプがへたらない構造のシステムでもあります。

  • VIBRAM SOLE Xs GRIP2

    VIBRAM SOLE Xs GRIP2 ビブラムソール Xs GRIP2

    やや柔らかめで足裏感覚に優れるためフリクション重視のシーンに。従来の同シリーズのソールより耐久性・粘着性・エッジングが向上している。

CHART

シューズ選びを簡単にするためにスポルティバでは情報を視覚化

1. RIGIDITY - 硬度 -
シューズ全体の硬さを示す指標。数値が高いほど硬く、足のサポート性が高い。
2. SENSIBILITY - 足裏感度 -
岩に立ったときの微妙な感覚を足に伝える性能。数値が高いほど足裏感覚に優れる。
3. INSTEP WIDTH - ワイズ -
シューズ内の足幅を示す指標。数値が高いほど幅広であることを示している。
4. IDEAL SIZE - 理想サイズ -
シューズの性能を最大限に引き出すサイズ。数値が低いほどきつめ、高いほど広めを推奨。

SIZE

※cm表記は実寸です。個人の足型や好み、モデルによっても変化する場合がございます。
※数値はあくまで目安です、実際に履いてご確認ください。