スポルティバ

製品情報
CLIMBING

SKWAMA
スクワマ [ 10S ]

¥20,500 (税別)

SKWAMA

ブラック×イエロー(BY)

様々なホールドを捉える革新的なソール形状 高い足技を持つクライマーは、ホールドを足で掴むように登りますが、スクワマのソールに入った三角のスリットはつま先の自由度を高め、ホールドをキャッチしやすい構造になっています。また、柔軟性の高さからスメアリングにも適しており、ハリボテにベタっと足を置いても安定。様々なフットワークに対応します。踵部には新採用のテクノロジー「Sヒール」を搭載したハイパフォーマンスモデルです。

pic_detail_SKWAMA
  • 新採用のテクノロジー「Sヒール」
    インサイドのブリッジがヒールフック時、横方向の逃げを抑え確実にホールドをとらえる
  • アッパーに配されたハイフリクションラバーが、 前傾壁でのトウフックをサポートする
  • 足首のベルクロは、ヒールフック時に高い支持力を発揮する
アッパー
スエードレザー+ マイクロファイバー
ソール
ビブラムXS グリップ2 4 ミリ
サイズ
33~46(ハーフサイズあり)
サイズ表
重さ(1/2ペア)
約210g

ATHLETE VOICE

「融通の利くSOLUTION」 SKWAMAは一言で言うなら「融通の利くSOLUTION」って感じですね。SOLUTIONほどかっちりとはしてないですが、ヒールの剛性だったりとか、足型だったりとか、そういうところは何かSOLUTIONと共通しているものがあるなという印象を受けました。
外岩でトライした時はSKWAMAを履いていたのですが、エッジングだったりヒールだったりっていうのは、FUTURAと同じかそれ以上にこなしてくれたので、凄く良いシューズだなという風に思いました。

樋口 純裕ひぐち まさひろ

佐賀県出身。主な競技成績に、クライミング日本選手権2016 優勝、第29回リード・ジャパンカップ 優勝、第10回 ボルダリングジャパンカップ 2位、2015年アジア選手権ボルダー2位。

「つま先が幅広で履き心地もいい」 上級者向けですが、つま先が幅広で履き心地もいいシューズです。広い範囲に設けられたトウラバーが、フックするとき、非常に使いやすいのも特徴です。インドアクライミングはもちろん、アウトドアでのスメアリング、エッジングでも十分に使用できます。適正サイズの目安は、25.5cmでEU38~38.5くらいです。

渡部 桂太わたべ けいた

三重県出身。主な競技成績に、第10回ボルダリング・ジャパンカップ 2位、2015アジア選手権ボルダー2位。

TECHNOLOGY

  • P3 PERMANENT POWER PLATFORM

    P3 SYSTEM P3 システム

    通常よりもダウントゥの形状を長くキープできるシステム。常に最高のパフォーマンスを楽しめます。ハードに長期間使用した後でも最初の性能を落とすことなく、クライミングシューズのアーチのシェイプがへたらない構造のシステムでもあります。

  • VIBRAM SOLE Xs GRIP2

    VIBRAM SOLE Xs GRIP2 ビブラムソール Xs GRIP2

    やや柔らかめで足裏感覚に優れるためフリクション重視のシーンに。従来の同シリーズのソールより耐久性・粘着性・エッジングが向上している。

CHART

シューズ選びを簡単にするためにスポルティバでは情報を視覚化

1. RIGIDITY - 硬度 -
シューズ全体の硬さを示す指標。数値が高いほど硬く、足のサポート性が高い。
2. SENSIBILITY - 足裏感度 -
岩に立ったときの微妙な感覚を足に伝える性能。数値が高いほど足裏感覚に優れる。
3. INSTEP WIDTH - ワイズ -
シューズ内の足幅を示す指標。数値が高いほど幅広であることを示している。
4. IDEAL SIZE - 理想サイズ -
シューズの性能を最大限に引き出すサイズ。数値が低いほどきつめ、高いほど広めを推奨。

SIZE

※cm表記は実寸です。個人の足型や好み、モデルによっても変化する場合がございます。
※数値はあくまで目安です、実際に履いてご確認ください。